ハゲ防止

抜け毛の要因
夏は髪の毛や頭皮にダメージを与える季節です。暑さのために汗の量が増えることで、髪の毛や頭皮のベタつきが起こりやすくなります。この「ベタつき」が悪化すると、抜け毛の原因になるケースが多いのです。

「ベタつき」とは、頭皮や毛穴などに余分な皮脂、汗、汚れなどが付着している状態です。そのまま放っておけば毛髪を作る毛乳頭の働きが弱くなり、抜け毛・薄毛を引き起こしてしまいます。

髪の毛や頭皮を清潔に保つためにシャンプーはとても大切です。しかし、「ベタつき」を解消しようと過剰にシャンプーばかりすると、失われた頭皮の脂分を回復しなければと身体が反応して、再び皮脂が分泌されるといった逆効果になる場合があります。

「ベタつき」が多い人や夏場は、毎日シャンプーしても良いと思います。注意すべき点は、爪を立てず、指の腹をつかって優しく、ていねいに洗うことが大切です。


フケはハゲの前兆?
フケとは、頭皮の角質細胞が新陳代謝によって皮膚の奥から表面へ押し出され、
はがれ落ちたものです。身体のアカと似たようなものです。

通常は、肉眼では見えない程度の大きさなのですが、洋服の肩に白いポツポツが落ちているようになると、髪の毛、頭皮が傷んでいると考えられます。

このフケが毛穴を詰まらせて、髪の毛が生えてくる道をふさいで炎症を起こしてしまいます。頭皮が赤く変色し、かゆくなります。そこから脱毛していくこともあります。

対策としては、脂っぽいものを極力避けて、バランスの良い食生活を心がけること。適切なシャンプーを行うことです。睡眠不足も厳禁です。

ハゲ防止を要約してみますと、血行を良くし、皮脂を清潔にし、髪、皮膚に栄養を行き渡らせることだと思います。

今回色々調べてレーポートしましたが、ハゲ防止は、遺伝的要素を除けば、上記のように生活習慣の改善に尽きるのではないかと思います。

また、科学や医学の目覚しい発達によって、多くの育毛剤が市販されるようになりました。多くの育毛剤があるという事は「これというのもの」が無いとも言えるのです。

生活習慣の改善+育毛剤等、自分にあった方法を選定することが大切だと思います。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法U All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system