口臭防止

口臭の原因
ドライマウスの場合
ドライマウス=口腔乾燥症は、口の中が乾く、唾液が出ない、口内が痛いなどの症状があらわれ、口臭もおこります。対策としては、こまめに水分を取ったり、ガム、レモン、梅干しなどを噛むのが良いでしょう。

唾液は、臭いの原因の物質を洗い流し、細菌の繁殖を防ぐ作用があります。唾液の分泌量が減ると、その働きが悪くなるため臭いが発生するのです。

口の中が病気の場合
口の中を不潔にしていたり、虫歯や歯垢の放置が細菌の増える原因となります。これが口臭の原因となりますので、ふだんから口の中を清潔にしましょう。

舌が汚れている場合
舌に白く厚い「舌苔」が付いている場合は、細菌の固まりで口臭の原因と考えられます。舌の汚れを取とる方法は、専用にブラシを使用したり、清潔なタオルを人差し指に巻きつけて舌苔をかき出すように落とします。

胃・腸などの病気の場合
胃や腸内の環境が悪くなると毒素や有害物質がつくられ、それらが排出され口臭がおこります。ご心配の方は、内科の検診を受けると良いでしょう。


口臭防止グッズ
ブレスケア
おなかの中から消臭するといったすぐれものです。焼肉やにんにく料理、お酒を飲んだ後でも、水といっしょみに2〜3粒飲むだけです。比較的長時間、効果が続くのも安心感につながります。

ガム
ガムは唾液の分泌を促しますので、口臭予防や虫歯の予防に最適です。

ブレスチェッカー
ブレスチェッカーというものがあります。自分では気づかない、口臭の程度を、数値で確認することができます。小さなものですので、カバンやポケットに気軽に入れらますので、口臭が気になる時に、いつでもチェックすることができます。

牛乳
牛乳は、アルコールの吸収をゆるやかにするだけではなく、食後の匂いを和らげる効果もあります。焼肉やニンニク料理などの食後の匂いを少なくしてくれます。何といってもお手軽です。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法U All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system