早漏防止

早漏の目安?
2003年に『性機能障害に関する国際コンサルテーション会議』が開催されました。その時に早漏の診断基準として、
(1)膣内射精潜時が2分以内
(2)射精のコントロールが不能
(3)本人またはパートナーの心理的な苦痛
を満たす場合と定められました。

また具体的に、膣内挿入後30秒以内、性交運動10回以内など、射精に至るまでの時間や回数をよりどころとする考え方もあるようです。

あくまで目安です。


早漏克服
早漏は、頑張って治すものではなく、数をこなして慣れていくものだと思います。
そしてセックスをしている最中は、常に客観的に構え没頭しないことです。

なぜ早漏なのか考えてみますと、経験不足もありますが、余りにも興奮し過ぎているというのが問題なようです。

セックスのシチュエーションに興奮しすぎてイッてしまっているのです。ということは、そのシチュエーションに興奮しなければ早漏をかなり防げるのでは。

筆者もそれを試したところ、だいぶ早漏が治ってきました。興奮しないようにするためには、あせらず場数を踏むしかないような気がします。

若い方は、時間のハンデを回数で挽回する方法もあるのではないでしょうか?

ですから、どうか頑張らないで下さい。


早漏防止スプレー
早漏防止に関して、経験や精神的な要素以外について調べてみました。色々なサイトのQ&Aコーナー等確認してみました。多くの人が早漏で悩んでいるのが分って本当に驚きました。

上手く早漏防止できた例として、早漏防止スプレーが紹介されていました。
リドスプレーなどポピュラーなようです。多くの人が利用されているようですね。

ある種の麻酔効果のようなもので、適度に鈍感にして持続させるというものです。
スプレー+コンドームで、より早漏防止できたという回答も多く見受けられました。
興味のある方は、下記のホームページで詳細ご確認願います。

http://www.souroubusters.com/802for-favorlitetoppage.html

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法U All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system