靴ずれ防止

新しい靴を履いた時など、足に靴ずれやマメができるることがありますよね。靴のサイズが足に合っていない時もそうです。実はこの靴ずれ、いがいに厄介なのです。

靴ずれの痛みのせいで上手く歩くけず、ふくらはぎが疲労したり、さらには腰痛や肩こりが悪化したりするからです。

足の疾患が、肩こりや腰痛を悪化させてしまう恐れがあるのです。その予防を考えた場合、適正な「靴」を履くということになると思います。足を測定して作るいわゆるオーダーメイド靴です。

オーダーメイドは、どうしても高価だと思われがちですが、健康保険を使えるケースもあるのそうです。
医師の診断書があれば、治療用の整形靴として保険が適用されるということです。

まず自分の足元をチェックしてみましょう。
次の項目にが一つでも「はい」あれば、肩こりや腰痛の原因の一つに足の問題がありそうです。

・靴底のすり減り方が外又は内側に偏っている。

・O脚又は、X脚です。

・いつも同じところにタコができる。

・偏平足です。

・外反母趾になっている。

・長時間立っていたり歩いたりすると、すぐに疲れる。

・見た目は外反母趾ではないのに、靴に当たる部分が痛い。

・巻爪になっている。


靴ずれ対策
当然ながら足に合う「靴」を選ぶこと、通気性も考慮した方がよさそうです。なにより靴下を必ずはくことが重要です。理想的には5本指ソックス。 但し、5本指ソックスをはくと足幅が広がりますので、「靴」も5本指ソックスをはいて合わせます。

また、靴ずれしそうなところと、ストッキングの両方に固形せっけんを塗りつけます。滑りが良くなって、靴擦ずれしにくくなります。

あらかじめバンドエイドのようなばんそうこうを張っておくのも良いです。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法V All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system