カビ防止

梅雨時
カビは気温25度以上、湿度70%以上の環境を好むといわれています。また、カビはありとあらゆる場所に生えます。

つまり、「気温」「湿度」「栄養」「酸素」の条件が揃うと活性化するのです。

住まいの中で、酸素はなくならないものですし、「栄養」酸素」の部分はどうにもならないと思われます。ある程度コントロールできるのは、「気温」「湿度」ではないでしょうか。

雨天の多い梅雨時に、湿度を上げずに済ませることができれば、カビはかなり防ぐことができるでしょう。

梅雨時でしかたなく部屋干しする場合があります。本来カビ防止の観点からは避けたいところです。それでもどうしようもない時がありますよね。

そんな時は、除湿機をかけたりエアコンのドライ機能をつけたりしながら干しましょう。浴室に干せればベターです。浴室乾燥機があればなお良し。

注意しなければならないのは、部屋の中にある観葉植物です。水やりをするからです。この水と葉からの蒸散で、部屋の中の湿度が上がってしまいます。

梅雨の間は、観葉植物をベランダに移動させるなどの対応をとるのが良いのではないでしょうか。

カビ対策
あらゆるカビ対策のお掃除に利用できるすぐれものがあります。それは「消毒用エタノール」です。

薬局で手軽に購入でき、スプレーしたりティッシュやキッチンペーパーに染み込ませて、簡単に拭き掃除ができます。

キッチン
押入れ
下駄箱
衣装ケース
窓周り
洗面所
トイレ
寝室
等々、消毒しましょう。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法W All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system