災害防止

安全対策
実際、安全対策をしていれば被害は防げたという、非常に悔やまれる事例があります。

梅雨時期はジメジメが続き、うっとおしい時期ですが、家や会社が地盤のゆるい地域に建てられていたり、川や海などの近くに建てられている方々は、水害や土砂災害など、自然災害が発生する危険性があることを承知しておく必要があります。

自然を相手にする災害対策は、「この場所は大丈夫」ということはありません。風水害に備えましょう。

全国的にも風水害により尊い命が犠牲となる災害が、毎年この時期に集中しています。数ヶ月前から、屋根の点検をする等の準備が重要です。安全対策し過ぎということはありません。


自然災害から身を守る
自分の家は、くつろげるだけでなく、一番大事な場所でもあります。この大事な場所に、どのような危険があるのか、あらかじめ想定しておくのが良いでしょう。

例えば...
・低地の場合→ 家の浸水が考えられます。

・山の近く→ 崖崩れ等の土砂災害が考えれます。

・河川の近く→ 河川の増水、川の氾濫が考えれます。

・海の近く→ 津波の恐れがあります。

危険性を想定した上で対策を立てることが重要です。具体的には、住んでいる地域の役場や市役所に、データに基づく「町の防災対策」が用意されているはずです。 まずはそれを確認しましょう。

避難場所や避難経路、防災倉庫の位置、また災害時には、どんな対応をしてくれるのか等、確認しておきましょう。


災害時の連絡
災害時には、多くの人がいっせいに携帯電話を使って、かかりにくくなります。災害用伝言板を上手に利用しましょう。被災地からの登録情報を下記のサイトで確認できます。

au http://dengon.ezweb.ne.jp/
ソフトバンク http://dengon.softbank.ne.jp/
イー・モバイル http://dengon.emnet.ne.jp/
iモード http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法W All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system