静電防止

静電気の恐さ
ドアノブを握った時、上着を脱ごうとした時、車に乗ろうとした時等、指先がピリッと痺れたり、バチッという音とともに火花が飛んだりします。

この電圧は、ときには数千ボルトに達することもあります。PC内部の回路に静電気が流れると、誤作動したり、完全に壊れてしまうことさえあります。

つまり、静電気が帯電した状態でマウスを使ったり、USBやメディアを差し込んだ時に、静電気がPC本体に流れて誤作動が起きることがあります。さけなければなりません。

コンピュータ関連の部品工場では、静電気が起こりにくい服装が義務づけられています。また、体の一部をアースに接続しておく対策がとられていることもあります。

このように「ミニ雷」のような静電気、家電製品やPCの大敵なのです。静電気は物と物を擦り合せると発生する摩擦電気です。身体の表面に蓄えられます。特に冬は、静電気が気になりますよね。

最近は、セルフ式のガソリンスタンドが目立つようなりました。ガソリンは揮発性の高い液体です。 普段何気なくセルフスタンドで給油をしている時も、給油口の周りには、目に見えない非常に引火しやすいガスが漂っています。

必ず、静電気除去シートに触れてから給油しましょう。何らかの拍子で静電気の火花が散れば、車が炎上してしまうことにもなりかねません。


静電気対策
お勧めは皮手袋の着用。

履物は、ゴム底より皮底のものが良い。

静電気対策グッズは、原理が同じですので価格の安いもので良い。

暖房の室内では、スリッパや靴下履より素足の方が良い。

乾燥時は、湿気を含みやすい自然素材のもを着用した方が良い。

衣服の重ね着は、素材の帯電性質が似たものを重ねます。静電気防止スプレーを使うとさらに良い。

洗濯の仕上げに柔軟材を使うと良い。

金属質の物に触れる時は、指先からでなく拳や手の平をベタリとつけると良い。

車の乗り降りや、ドアの開け閉めは、鍵を握って、その先を車体やドアにふれて放電させると良い。

※バチッとくるのは、先に両足とも車から降ろしてしまい、後から指で鍵穴や金属ノブを触るからなのです。 車を降りる時は、金属部分に指で触れながら片足ずつ地面に下ろし、それから金属部分から指を離すと良いでしょう。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法W All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system