事故防止

不慮の事故
全体の死亡原因をみると病死が圧倒的に多いです。しかし、年代別にみると死亡原因は少し違ってきます。病気の場合、遺伝的なものなどを除くと、その人の生活習慣などが影響していることが多くあります。

誰でも年をとれば身体は弱ってきます、病気にもなります。極端ですが、赤ちゃんでも生まれた瞬間から、年をとることになります。

厚生労働省の平成17年度簡易生命表によれば、男性の平均寿命が78.53歳、女性は85.49歳となっています。

長寿大国の日本ですが、人は誰でも年をとっていきます。実は、なかなか防ぎにくいのが、突発的に発生する事故や災害などが原因の死亡なのです。
2004年度厚生労働省統計表より引用、『不慮の事故が原因』の死亡順位は下記の通りです。

女性
01〜14歳 1位
15〜24歳 2位
25〜39歳 3位
40〜64歳 5位
70〜84歳 5位

男性
01〜19歳 1位
20〜34歳 2位
35〜39歳 3位
40〜44歳 4位
45〜79歳 5位

年代が上になるに従って事故死が原因の順位は下がっています。これは病気が原因の死亡順位が上っていると考えられます。

若い層ほど事故死の率が上がっているのも判ります。

事故死と言ってもさまざまですが、交通事故はもちろん、海のレジャーに関連する事故も多いです。また、山での遭難や転落死など、山岳事故も後を絶ちません。

警察庁の統計よれば、平成17年度の交通事故の件数は933,828件となっており、その内死亡事故は、6,871件となっています。約33秒に1回交通事故が発生している計算になります。本当に多いですよね。

ほかには、喉に食べ物を詰まらせたなどの不慮の窒息、転倒・転落、不慮の溺死等が多いとのことです。意外に日常生活の中にリスクが潜んでいるのですね。


事故対策
地震に備えて防災セットを揃える、家具を固定するなど備えあれば愁いなしです。全てのことを防ぐことはできませんが。できる予防は沢山あるはずです。

事故が起こらないこと、巻き込まれないことが何よりですが。

車の運転でも、自分の方が優先道路だから相手は出てこないはず、ではなく相手が出てくるかもしれないと意識しているだけで違ってきます。

夜中にうろうろしていれば犯罪に巻き込まれる可能性は高くなります。小さな子供は10cmの水でも溺れます。意識や習慣を変えることが事故防止につながるのです

事故が発生した後の対処法を考えますと、選択肢の一つとして保険がでてきます。事故や災害による被害によっては、保険に入っておけばと後悔するかもしれません。 この機会に検討してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法X All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system