結露防止

結露の正体
暖かく湿った空気が冷たいものに触れると、その空気は水滴化します。冷たい飲み物が入ったグラスにつく水滴をイメージして下さい。つまり、結露の正体は空気中の水蒸気なのです。

下記のものが主に、結露の原因となる水蒸気を発生させていると考えられます。

○観葉植物。
○水を多用するお風呂場やキッチンの水気。
○灯油やガスなどを燃焼させる暖房器具。
○観賞魚の水槽。
○人やペットの呼吸、発汗。
○室内に干した洗濯物。

マンションは気密性が高いため、木造の一戸建て住宅などに比べて、結露が発生しやすい環境と考えられます。その中で冷やされやすい材質である窓ガラスは、家の中で最も結露が発生しやすい所と言えます。

窓ガラスの結露は、冬の冷たい空気によって冷やされたガラスに、暖房などで暖められた空気が付着し液体化し、結露となるのです。

つまり結露の発生しやすい所というのは、湿気が多くて空気が滞留しやすく温度差が大きな場所ということになります。

また結露は、カビ等の発生を促し健康にも悪影響を及ぼしかねません。


結露対策
室内の温度と湿度を適度に保つことが、結露防止の基本とお考え下さい。日々の暮らしの中で「部屋の温度差をつくらない」「余分な水分を発生させない」を心がけることは、快適で健康な生活をおくることにもつながります。

石油ストーブやファンヒーターなどは、燃焼中に燃料中の水蒸気を出しているので、結露が発生しやすくなります。暖房器具の選定も重要です。

ちなみに、湿気を発生させにくい暖房器具は、エアコンや床暖房などです。
暖房機器の設定温度を上げ過ぎないようにも注意しましょうね。

そして、定期的な自然換気を心がけましょう。窓を開けて風通しをよくすれば、室内の温度は下がります。また、他の部屋よりも暖かく水蒸気が多く発生するキッチンや風呂場の換気扇を回し続けるのも良いでしょう。

結露防止スプレー、結露防止シートや断熱シート、結露吸水テープ 、水滴ワイパー等々、を上手に利用しましょう。ホームセンターなどに、結露対策グッズのコーナーがあるところもあります。使い勝手がありますので、説明書きをよく読んで選択して下さいね。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法X All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system