酸化防止

酸化
酸化は、物質に酸素が化合する反応のことをいいます。例えば、鉄が酸化してさびて酸化鉄になったり、リンゴを室温で放っておくと徐々に色や味が変化してくるのも酸化反応によるものです。

人間は呼吸して体内に酸素をとり入れています。しかし、取り入れた酸素の約2%
くらいが活性酸素になると言われています。この活性酸素は、強力な殺菌作用があり、ばい菌を殺して病気になるのを防いでくれます。

しかし活性酸素が多すぎると、自分の体内で細胞を攻撃してしまうのです。
DNA(遺伝子)を傷つけてしまうのです。ひどい場合は、癌を引き起こします。

つまり、活性酸素による酸化によって体内に『サビ』たような状態を作るのです。
これが老化の正体です。

これらから守ってくれる抗酸化物質には、ポリフェノール、カロチノイド、ゴマリグナン、ビタミンC、ビタミンE、等々あります。 ここではビタミンCについてレポートしています。


ビタミンC
コラーゲンの合成に必要なビタミンCは、健康な肌、美肌に欠かせないビタミンです。

身体の老化につながる酸化は、タバコや紫外線、ストレスなどによって発生した活性酸素によるダメージだということが分かっています。

このビタミンCは、自分が身代わりに酸化されることで、私たちの身体を酸化から守ってくれるのです。また、腸で鉄分の吸収を高めたり、ガン予防などさまざまな効能が確認されています。

ビタミンCは、酸化を防ぐパワーが強いので酸化防止剤として食品に使われることも多いです。アスコルビン酸という名称、食品の成分表示の中でよく見かけますよね。それは、ビタミンCのことです。

ビタミンCは、本来透明で味がありません。ビタミンCは黄色くて酸っぱいというイメージを持っているかもしれません。それはビタミンCの誤解です。

ジュースなどに、黄色く酸っぱい色や味をつけるのは、ビタミンCがたっぷり入っているような気分にさせるためなのかもしれません。

ビタミンCは水溶性のため体の中に貯めておけません。日々補給しなければなりません。ビタミンCを多く含む食材は、柑橘系の果物、カシス、アセロラ、ゴーヤ、ジャガイモ、ブロッコリーなどです。

ビタミンCは、水に流れやすく熱に弱いため調理に工夫が必要です。野菜を切った後に水にさらす際は、できるだけ大き目に切るとか。熱を加えないことでビタミンCを壊さずに摂ることもできます。

最近は、100均ショップのサプリメントコーナーでビタミンCを見かけることもあります。サプリメントを併用することで、酸化(老化)防止がさらに促進されるものと思われます。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 自分を守る方法X All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system