恋愛

女性の恋愛
男運が豊富でモテるため、恋多き女という宿命をもった女性が、必ずしもハッピーエンドをむかえるとは限りません。モテるために変な男につきまとわれ、ひどい目にあうこともあります。男運は使い方次第で、幸にも不幸にも変ってしまいます。

モテる彼女たちは、無意識に魅力を発揮し男を惹き付け、男運を消化しようとします。世の中には、いつも男性を惹き付けるモテル女性がいると思えば、なぜか余り男縁に恵まれない女性がいます。

男運が多い女性達が人生の勉強を終わらせるためには、大量の男運を燃焼させななければなりません。これは、人生で学ばなくてはならない事が人それぞれ違い、生まれつき持つ男運の分量に違いがあるためです。

男運豊富なモテる女性達は、有り余る男運をコントロールできずに、つい不毛の恋愛に陥ってしまたりすることがあります。モテない女性からみれば、なんともうらやましい限りです。しかし、必ずしもそうとは言えないのです。

男運の無い女性はほとんどいないはずです。神様は、特別な使命を持つ女性を除いて、全ての女性に対し恋愛を通じて『愛』を学んでもらいたいと思われているのではないでしょうか。

今までの過去の恋愛を振り返りながら、自分自身の本質を見極め、今後の恋愛への取り組み方を考え直してみることが大切です。 また男運が豊富にあったとしても、高望みし過ぎていると、身分不相応な相手との恋愛成就に神様は手を貸してくれないのかしれません。

男性の社会的地位やルックスなどばかりに目をとらわれず、男性の努力している現状や将来向かっての考え方等々、冷静に視て頂きたいと思います。


男性の恋愛
思い当たりませんか?
ここ一番というときに「まあいいか」と留まったりしていませんか?こういう人に、『いい人菌』が繁殖するのです。傷つきたくないための限界ラインのようなもので、その一線は決して越えようしません。

こうなると、女性からではどうにも手の施しようができません。何度か食事などして女性側が、いくら「良いなあ」と思っていても、何も起こらず結果「いい人」、『ハイ残念さようなら』となってしまいます。

「もったいないお化け」がでそうです。その菌はひとたび繁殖しだすと、『めんどくさい』とか、『かったるい』とかどんどん広がっていきます。

そんなことなら家でゆっくりマイペースで、ネットや、DVDや、小説で遊んでた方がましだし楽だ... 傷つくのが恐いのでしょうか。自分ブランドが下がるのが嫌なのでしょうか。

やがて『いい人菌』が体中に蔓延すると、戦いの場に出るのを思い留まらせてしまいます。このディフェンスモードを解除しましょう。この一線こそが、恋愛が始まる一線なのです。人生は1回です。良い結果を出してくために、思い切って一歩踏み込んでいきましょう!

スポンサードリンク

Copyright © 2009 男女の悩み解決 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system