結婚

結婚の準備
まずは婚約指輪のスケジュールを考えてみましょう。
男性にとっては、随分長いと感じるかもしれませんが、二人の愛情の証となる一生の記念品です。また、大きな買物ですから、慎重に選ぶことが大切です。仮に両家の顔合わせの日に、婚約指輪を披露しようと二人で決めたとします。

よほど特殊なケースでない限り、間に合うはずです。その日から遡って、3ヶ月前から婚約指輪選びを始めるのがべターです。

女性の気持ちを理解した上で、失敗のないように、しっかりとスケジュールを組んで下さいね。二人が納得できる婚約指輪や結婚指輪を手に入れるには、意外と時間が掛かるのです。

男性の方は余りご存知ないかもしれませんが、婚約指輪を、買ったその場で持ち帰れることはほとんどありません。既製品の指輪を選んだとしても、彼女の指のサイズにピッタリ直して貰わなければなりません。

ショップによって異なりますが、注文からおおよそ2〜3週間で受け取ることが可能だと思われます。


結婚の形式
○入籍のみ
入籍だけで済ますことは、究極のシンプル・ウェディングではないでしょうか。セレモニーをしなくても、婚姻届を提出すれば法的には夫婦です。但し、2度目とか、できちゃった結婚とか、訳ありのイメージを持たれるかもしれません

○記念写真のみ
フォトウェディング、挙式・披露宴は経済的に無理だけれど、今しか撮れない結婚写真を残すという考え方です。

○披露宴やパーティのみ
フォーマルな式や宴は行わないが、友人や身近なゲストを呼んでパーティをする形式です。カフェやレストランを借りて、ケータリングで料理を用意してパーティを行えば、比較的安価で済みますよね。

○挙式のみ
教会、神社、海外挙式等で、2人だけ、又は身内だけで行う形式です。あまりお金を掛けずに済みそうです。

○挙式+軽目のパーティ
挙式とカジュアルな披露パーティという形式です。会費制にするのが多いようです。ゲストにあまり負担が掛かりません。

○挙式+披露宴
結婚式といえば、一部地域を除いてこの形式をイメージされる人が多いでしょう。挙式を行い、着席スタイルで披露宴を行うというものです。ご祝儀制、ゲストには引出物を用意します。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 男女の悩み解決 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system