夫婦

相手を尊重
尊敬の気持ちがないとお互いに欠点探しをしてしまったりして、それがうまくいかなくなる最初の原因です。相手をひとりの人として接することを忘れないで下さい。結婚すれば、少なからず恋人時代には知らなかった相手の一面を見ることになります。

また、「こんな筈ではなかった」「騙された」と思うのではなく、「どうしてそのような考えになるのだろう」や「相手を自分に合わせさせるには、どうしたら良いだろう」と考え方を変えてみましょう。

好きだ惚れたという気持ちは必ず薄らいでしまうものです。すれ違いの原因を相手のせいにせず、お互いの意見の違いを尊重しつつ、駆け引きを楽しんだらどうでしょうか。夫婦といえども、元は他人です。

相手を尊敬することによって、相手に対する言葉も仕草も変わってきます。尊敬の気持ちがあれば、その後もパートナーとの関係は上手くいくはずです。


干渉し過ぎない
干渉はお互いに不愉快になるだけです。しかし、お互いの「ちょっと聞いて」に対しては、タイミングを逃さずにきちんと聞いてあげるようにしましょう。そうすると、お互いの良いところの方がよく分かるようになります。

妻側にアドバイスさせて頂きます。くれぐれも夫の携帯メールを覗いたり、「今夜は誰と飲みに行くの、何時に帰るの、明日の予定は何」と矢継ぎ早に聞くのはやめましょう。自由度=円満度となる気がします。

いつもは空気のような存在であっても、肝心の時にはいつもすぐ側にいるよという安心感を与えてあげて下さい。適度な距離は大切です。

相手の嫌な部分が見えてくるのが夫婦生活です。それを気にし始めると一緒にいたくなくなります。お互い、細かい事を気にしないように相手の事を干渉しないようにしましょう。


時には喧嘩も
喧嘩もしないほど冷え切った夫婦関係は、確かに寂しすぎます。喧嘩をしてもその日のうちに仲直りするか、仲直りしていなくても次の日には何事もなかったように接するが大切です。

不満を持ったまま黙っているより、その都度言い合いした方がストレスも溜まらず良いのでないでしょうか。一緒に住んでいるので仲直りもすぐできますし。

ストレスを溜めないように、時にはガス抜きも。プチ喧嘩はガス抜きになりますよね。でも、喧嘩するときは本音をきちんと言うのがとても大事です。但し、喧嘩した理由を忘れないようにね。


美味しい食事
美味しいご飯があって、たくさんおしゃべりをすればたいていのことは解決します。美味しいご飯を作り、遅くても夫婦一緒に食べましょう。美味しい食事があれば心が和み、食材からも会話が弾みます。

料理に自信のない人でも、相手に喜んでもらおうという気持ちを込めて作れば、その料理は最高の一品になります。

また、一緒に料理をするのも良いでしょう。一緒に料理をしていると、寒い冬でも暖かいし、一緒に作った料理を一緒に食べると、格別な美味しさです。そして、楽しい会話をしながら食卓を囲むことで、夫婦はますます円満になります。


スポンサードリンク

Copyright © 2009 男女の悩み解決 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system