就職 転職 職場 新入社員 借金

    就職

    情熱
    そもそも人は何故働くのでしょうか?もちろん、収入を得るためです。それならば、どんな仕事でも良いのでしょうか。それではちょっと寂しすぎます。働くこと自体が楽しいことなら、こんなに幸せなことはありません。

    就職活動にも同様のことがいえます。収入を得る仕事に就くため、就職活動します。でもそれでは行き詰ってしまいます。情熱がないからです。考え方を替えたらどうでしょう。『働くこと自体が楽しい仕事』を探すというふうにです。その仕事に就くための就活なら、こんなに楽しいことはありません。

    情熱は、人を動かす燃料となるのです。


    目標
    短期、長期のプランがなければ、現在自分が取り組んでいる就職活動自体が成功に向かっているのか分りません。

    特に間違ってならないのは、内定を取ること自体を目標にしないことです。会社の人事担当は、「何でもいいから内定くれ」と考えている人に、絶対内定を出すはずがないのです。

    内定は、あくまで目標のプロセスに過ぎません。それを間違うと、就職活動が単に内定を取ることだけに終始し、追い詰められて、何でもいいから内定が欲しいという最悪の状態に陥ってしまいます。



    人生に大きな影響を与える就職活動。たった一人で行うのは、他人と比べて何が悪いか分からないし、得られる情報も偏ります。できれば、同じ志望の仲間を作ることです。辛い時には応援もしてくれることでしょう。

    但し、注意しなくてならないことは、情報のgive&takeです。takeばっかりだと思われたら、二度と助けてくれません。


    ぬくもり
    よく行く喫茶店や食堂で、自分の名前と好みを覚えていてくれたら、誰だって嬉しいですよね。あまり他の店と値段や距離の差がなければ、当然、その店の方を使います。

    実は、就職活動も同じなのです。仮に、ほとんど同じ評価の受験者の中から合格者を選ぶとします。面接のお礼状を送った人や会社訪問のレポートを送った人など、『御社が第一志望です』と、必死に会社研究をしてきた人を選ぶことでしょう。

    有利に就職活動するためには、志望業界や志望する会社について勉強なければなりません。知識として持たなければなりません。何より、自己PRをきちんとしなければならないのです。



    スポンサードリンク

    Copyright © 2009 仕事の悩み解決 All rights reserved.
    inserted by FC2 system