就職 転職 職場 新入社員 借金

    新入社員

    ホウレンソウ
    試用期間で暫定部門での研修中や、あるいは正式に配属された先で、最初に叱られるのが「ホウレンソウ」についてでしょう。

    ○ホウ・・・報告
    ○レン・・・連絡
    ○ソウ・・・相談

    へんな言い方ですが、頑張って叱られて下さい。よほど慣れている人でなければ必ずといって、「ホウレンソウ」がなってないと一度は叱られるものです。

    学生時代は、何かあれば携帯メールで友達に連絡していたでしょう。しかし、職場の先輩や上司に携帯で報告する訳にはいきません。口頭や日報などで報告するようになります。

    新人のころに「ホウレンソウ」が叩き込まれない人は、30歳、40歳になっても、まともな「ホウレンソウ」ができません。新人のときに身に付けることが重要です。

    配属先の先輩方は、新入社員が配属されることで新鮮な感じを受けます。また一方で先輩方は、学生気分の余韻を持っている新入社員とのギャップを感じるものです。

    先輩や上司は新入社員を嫌いで叱っているのではありません。先輩や上司達も実は、そうやって昔は上から叱られて覚えていったのです。

    「ホウレンソウ」ができない人は、上司や先輩から「君は本当に報告が下手だね」「何を言っているかよく分からない」「「結論から話してとよ!」と言われ始めます。そうなったら最悪です。

    そうなる前に、続ければ必ず上手くなる方法があります。訓練は毎朝新聞を読むだけです。簡単でしょう。報告する際は、新聞のように見出し=結論からゆっくり説明し、概要まで報告したらいったん止めます。

    上司が質問してきたなら、詳細の説明をすれば良いのです。これだけです。素晴らしい報告になり上司から認められるはずです。

    人間関係
    仕事では、自分と合わない人と付きあわないといけない事が多々あります。割り切らないとやって行けないことがあります。例えば、仕事の同僚はあくまで同僚、友達はプライベートの友達と割り切ってしまいましょう

    職場によりますが、職場は自分の経験を積む場所だと思って下さい。組織やその職種だからこそできる事は、貴重な体験だと思います。

    また、日本の社会ではある程度、酒宴が必要です。付き合いが悪いと、なかなか情報が回ってこないこともありますので、要注意です。

    先輩や上司には反抗しないで素直になりましょう。反抗は、自分の意見を伝えたり反論するのと違います。そしてできるだけ、上司は立てるようにしましょう。 始めは「素直」が一番です。失敗しても謝って許されるうちに、仕事を身に付けることが大切です。

    スポンサードリンク

    Copyright © 2009 仕事の悩み解決 All rights reserved.
    inserted by FC2 system