身長

背が縮む?
年齢を重ねるにつれて、身長が短くなったという方はいらしゃいませんか?その1番の原因は背が曲がる、腰が曲がるといった背骨の曲がりによるものです。

つまり、背骨のS字歪曲が強くなるため身長が短くなるという訳です。常に膝をやや曲げたような姿勢です。また、骨と骨の間隔が軟骨の減少などによって狭まるという原因も考えられます。

それでは何故、背骨が屈曲するのかといいますと、人の直立する姿勢を支える胴回りの腹筋や背筋などが弱くなるためです。

また、肥満によって生じる重心の移動が、背骨を曲げさせて重心の位置をコンロールしようとするためと考えられます。このように、人の身長はさまざまな理由で縮むのです。

これらに対する有効な方法は、曲がっている背骨を伸ばすことです。背骨を伸ばすことだけで、身長は伸びます。しかしながら、時間をかけて曲がった背骨、力を失った腹筋・背筋ですので、気持ちだけでは良い姿勢を保つことはできません。

姿勢を矯正するには、腹筋・背筋を鍛える筋トレが有効です。毎日少しづつ良いので継続することが大切です。また、体力に余裕のある方は、ランニングが良いでしょう。体重を減らしながら良い姿勢をつくることができ、肥満解消にも有効です。


身長と体重
ご自身の適正な体重をご存知でしょうか?やみくもにダイエットして、体重を減らすことばかりに夢中になることは大変危険です。 この適正な体重を知る方法があります。国際的な計算方法で、身長と体重の関係から算出されるBMI係数です。
この係数によって肥満度のチェックもできます。

[BMIの計算式]
BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗
例えば、体重が60kg、身長が170cmの場合ですと、60kg÷(1.7m×1.7m)=21
となります。

△18.5未満 =痩せ
○18.5〜25=普通
×25以上 =肥満

日本肥満学会では、男女共に『22』という数値が統計的に最も病気になりにくい数値といわれています。また、この数値が高いほど、生活習慣病にかかりやすいことが分かっています。

それでは適正体重を計算してみましょう。
適正体重=22×身長(m)の2乗
例えば身長が170cmの方なら、1.7×1.7×22=63.6kgとなります。

※骨格や筋肉の違いなどによって適正な体重は変化します。あくまでも参考値としてご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 身体の悩み解決 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system