人間関係

率直に思いを告げずに、陰口、悪口でストレスを解消していませんか?それは、築いた古い人間関係にしがみついているからかもしれません。どんなに親しい間柄でも年数がたてば関係性は変わってきます。

他人の言葉の裏を探ることが多く、相手に確認せずに思い込みで判断していませんか?心をオープンにして新しい人間関係を築く努力をしないと、年をとるごとに孤独感や不安が強くなってしまうかもしれません。

気を遣い過ぎて、発言や行動を我慢してしまうっていませんか?自分はこう思われているんじゃないかと考え過ぎているからもしれません。かわいそうに、人間関係にストレスを感じているのですね。


広く浅く
人間関係は近いほど、どうしてもわがままになり遠慮がなくなります。人間関係のストレスを避け、良い関係を保っていくためには、一定の人とだけとベタベタ付き合うのをまず止めることです。

色々な人と広く浅く、ほどよい距離を保ちながら付き合っていくことがとても大切です。

関係が近過ぎると、平気で傷つけることを言ったり、約束を破ったり、プライバシーに踏み込んだりすることがよく起こります。このような出来事によって悪感情が起こり、信頼関係を壊していくのです。


時には自分から誘う
人間関係を増やしていくためにも、気が向いた時で良いので、自分から誘うことも大切です。誘う時には『1対1』ではなく、2〜3人誘った方が気詰まりになるのを避けられます。また、関係も濃くなりません。

誘われるのを待っているだけでは、人間関係は進展しません。最初は億劫でも何回かトライすれば、待つより誘う方が気が楽と感じられるようになるでしょう。
気軽に人を誘える人は印象も良くなります。


言い訳は良し!
人間関係を良好に保つのは、何かと気疲れも多いものです。そこで、相手を傷つけないために『言い訳』や『逃げ場』を頭の中に用意しておくこと良いでしょう。

例えば、「週末は、資格の勉強をしているの」「忙しくて、しばらくは土日も仕事なの」等々、角が立たない理由をいくつか考えておきましょう。

また、特定の人間関係に頼らない趣味や娯楽を、持っておくことも良いことです。
一定の付き合いにストレスを感じるようになったら、クールダウンし、距離を置く時間を作りましょう。

スポンサードリンク

Copyright © 2009 男女の悩み解決U All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system